エックスサーバーでお名前.comのドメインを使えるようにする方法

WordPressを始めるために、必要なのが「レンタルサーバー」と「ドメイン」です。取得がまだの方は、こちらの記事(WordPress導入のための準備【サーバーとドメイン選び】)を参考にしてくださいね。

 

まず、「ドメイン」は取得しただけでは、使うことができません。

たとえば、お名前.comで取得したばかりのドメインを、ブラウザーのアドレスバーに入力すると、下のようなページが表示されます。

お名前.comで取得されています。

当たり前の話ですが、まだ何も設定もしていないので、「このドメインはお名前.comで取得されていますよ」という情報しか出てきません。

 

では、エックスサーバーでお名前.comのドメインを使えるようにするにはどうすればよいのでしょうか?

それには、2つの設定が必要になります。

 

  1. ドメイン側ネームサーバーの設定をする(お名前.com)
  2. サーバー側ドメインを追加をする(エックスサーバー)

 

困っているおばさんうわぁ~、なんか難しいなぁ。
おばちゃんは「ネームサーバー」って言葉、聞いたことないし・・・。

ネームサーバーを簡単に説明すると、ドメインをサーバーの場所に結び付ける機能のことをいいます。

サーバーとドメインの関連付け

お互いが認識し合えば使えるようになるのです。

サーバー側、ドメイン側、どちらから始めても設定することができますが、オススメはドメイン側からです。ネームサーバーを先に設定しておくことで、エックスサーバーでのSSL化設定がスムーズに行えます。

 

お名前.comでネームサーバーの設定をする

1.お名前.comにログイン

お名前.com ログイン

お名前.com 」のサイトへアクセスします。メニューバーの左上にある「お名前.com Navi ログイン」をクリックします。

 

お名前.com ログイン

ログインフォームが表示されたら「お名前ID(会員ID)」と「パスワード」を入力します。

 

ドメイン契約更新画面

ログイン後、「ドメインの契約更新」ページが表示されます。まずは、ネームサーバーの設定を行いたいので、メニューから「ドメイン一覧」をクリックします。

 

更新忘れ確認

このサイトを離れますか?」というメッセージが表示されますが、無視して大丈夫なので、「このページを離れる」をクリックします。(Google Chromeの場合)

 

2.ネームサーバーの設定

ドメイン一覧ページ

先ほどのの「ドメイン一覧」をクリックすると、取得したドメインの一覧ページが表示されます。設定したいドメイン名をクリック。

 

ネームサーバー情報

次に、対象ドメインの詳細ページが表示されます。「対象ドメイン」「ドメイン詳細」「ネームサーバー情報」と順に並んでいるので、「ネームサーバーの情報」を確認しましょう。初期値には、お名前.comのネームサーバーが設定されているので、こちらを変更していきます。「変更する」ボタンをクリック。

 

ネームサーバーの変更ページ

「ネームサーバーの変更」が表示されたら、変更したいドメイン名他のネームサーバーを利用にチェックを入れます。

 

ネームサーバー情報を入力

ネームサーバー情報を入力するフォームが展開されるので、1~5を入力していきます。

 

エックスサーバーの「ネームサーバー」は5つ。

ns1.xserver.jp

ns2.xserver.jp

ns3.xserver.jp

ns4.xserver.jp

ns5.xserver.jp

これらすべてを入力し終わったら、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

 

 

ちょっと待って!

その情報はどこに書いてあるの?

って思いますよね。

 

この情報は、エックスサーバーのサーバー情報に書かれています

サーバーパネル > サーバー情報 をクリックすると「ネームサーバー」の情報が表示されます。

Xserverサーバー情報

 

3.ネームサーバー設定を確認する

ネームサーバーの変更確認

対象ドメインとネームサーバー情報が間違っていないか確認し、OKであれば「設定する」をクリックしましょう。

 

ネームサーバーの変更完了

お手続き中からネームサーバー変更完了ページに変われば終了です。

 

エックスサーバーでドメインの追加設定をする

1. サーバーパネルにログイン

Xサーバーログイン画面

エックスサーバー のサイトにアクセスします。メニューバーの一番左「ログイン」にマウスポインタを合わせ、「サーバーパネル」をクリックします。

 

サーバーパネルログインフォーム

ログインフォームが表示されるので、「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」を入力します。

 

Xserverアカウント(旧インフォパネル用)

ID・パスワードではログインできないので、

間違わないでくださいね~。

 

2.ドメインの追加設定する

エックスサーバー サーバーパネル ドメイン設定

サーバーパネルが表示されたら、ドメイン > ドメイン設定をクリックします。

 

エックスサーバードメイン設定

 

ドメイン設定が表示されたら、「ドメイン設定の追加」タブをクリック。ドメイン名の入力が終わったら「確認画面へ進む」をクリックします。

 

ドメイン名

取得したドメインを入力。「.com」の部分まで必ず入力してください。(例:kohamama.com )

無料独自SSLを利用する

SSLを簡単に説明すると、サイトデータを暗号化してやりとりすることをいいます。そのままでOK。

お名前.com側でネームサーバーの設定を行っていない場合は、ドメイン設定完了ページで「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されます。(後から設定可)

高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする

Webサイトを高速・安定化させるための機能です。推奨なので、そのままでOK。後で変更することも可能。

3.追加したドメインを確認する

ドメイン設定の確認

以下のドメイン設定を追加しますか?」という確認画面が表示されるので、OKであれば、「追加する」をクリックします。

ネームサーバーの変更が行われていない場合、「ネームサーバーがエックスサーバー指定のものになっていません」というメッセージが表示されます。

エックスサーバー ネームサーバーエラー
メッセージを無視して追加すると、完了ページで「無料SSLの設定に失敗しました」と表示されますが、再度「SSL設定」から設定することが可能なので、心配ありません。

独自SSL設定の失敗

 

 

4.設定完了画面

 

ドメイン設定の追加を完了しました」と表示されたら作業は完了です。ドメイン設定完了

 

スポンサーリンク

サイトにアクセスしてみる

設定したドメインにアクセスしてみましょう。すると、次のようなページが表示されます。

ネームサーバー切り替え後

 

まだ、WordPressのインストールなどを行っていないので、このようなページが表示されます。お名前.comからエックスサーバーへの切り替えうまくいくと、エックスサーバーのページが表示されます。

 

SSL化の設定について

ドメイン追加時にSSL化設定も一緒に行いましたが、WordPressをインストールした後に、別の設定が必要になります。

それは、サイトアドレスをhttpからhttpsに変更する設定です。記事などを投稿した後では、記事のURLや画像のURLなどを変更する手間が発生するので、インストール直後にやっておくのがベストです。

SSL化についてはこちらの記事で紹介していますのでご参考ください。

早めが肝心、SSL化! エックスサーバーなら無料!でカンタンに設定できるよ!

 

スポンサーリンク