エックスサーバーをお得に申し込む方法!初めての方にもおススメです!

エックスサーバーをお得に申し込もう!

WordPressでブログやサイト制作を始めるときに、必ず必要になるのがレンタルサーバーです。

私がWordPressを始めたとき(2017年)から、現在も継続して使っているエックスサーバーお得に申し込む方法をご紹介したいと思います!

Xserverのホームページイメージ

 

エックスサーバーをお得に申し込みするポイントは2つ!

  1. 月初めに申し込んでお得に!
  2. さらに、キャンペーン期間中に申し込んでお得に!

 

実施中のキャンペーン
エックスサーバー最大3万円キャッシュバックキャンペーン2021年1月7(木)18:00~2021年1月21日(木)18:00まで

ドメイン永久無料&最大3万円キャッシュバック!」キャンペーンを行っています。

期間中に新規申し込み&12か月以上の契約をされた方が対象。

詳しくは、公式サイト https://www.xserver.ne.jp/ でチェック!

たとえば、X10プランを12か月契約すると5,000円のキャッシュバック!

エックスサーバーは月初に申し込むのがお得!

エックスサーバーは月初めの申し込みがお得

エックスサーバーのお得な申し込みのタイミング月初め

申込みをした日から10日間は、無料お試し期間が用意されているので、その期間中にWordPressやテーマをインストールして、使い勝手を試すことが可能です。

なぜ、月初めに申し込むとお得なの?

月初めに申し込むとなぜお得なのか?

それは、本契約後の課金(利用料金)開始日が「申し込み日の翌月1日」になるため、申し込み月は実質無料になります。

サポートページに書かれている内容は以下のとおり。

実際の契約(課金)はいつからになりますか?

ご利用料金はお申し込み日の翌月1日から起算いたします。

(例)7/15ご利用開始 → 8/1が料金の起算日となります

引用:エックスサーバー:サポート>新規契約

 

具体例)X10プラン 1年契約の場合

 
コハル
ここで紹介する具体例は、私の失敗談です。
みなさんは同じような失敗をしないでくださいね。

 

では、実際に私が契約したX10プラン1年契約を例に詳しく説明しますね。

エックスサーバーの契約情報

  • 「無料お試し」申込日:2017年11月29日
  • 本契約をした日:2017年12月9日
  • 利用期限:2018年11月30日

 

「無料お試し」の申し込みをしたのが、2017年11月29日です。10日間のお試し期間後の2017年12月9日に本契約をしました。

課金開始は申し込み月の翌月1日なので、2017年12月1日となります。

 

パパさん
パパさん
あれ?無料お試しって10日間じゃなかった?
こはるママ
コハル
私のお試し期間、なんと2日!
月の後半で申し込みをすると、お試し期間が短くなってしまうってこと。
そんなこと知らなかったよ~!

 

11月29日の申し込みを12月1日にしておけば、最初の1ヶ月は無料で利用できたということです。トホホ・・・。

エックスサーバー 契約開始日を変更するだけでお得

 

このように「無料お試し」の申し込み日が違うだけで利用料金に差が出てしまうので、なるべく月初めに申し込みをしてくださいね。

エックスサーバーを申し込む

さらにキャンペーンを利用してお得に!

さらにキャンペーンを利用してお得に!

エックスサーバー では「ドメインプレゼントキャンペーン」と「初期費用半額キャンペーン」など、さまざまなキャンペーンを不定期で行っています。

エックスサーバーのキャンペーン

実施中のキャンペーン
エックスサーバー最大3万円キャッシュバックキャンペーン2021年1月7(木)18:00~2021年1月21日(木)18:00まで

ドメイン永久無料&最大3万円キャッシュバック!」キャンペーンを行っています。

期間中に新規申し込み&12か月以上の契約をされた方が対象。

詳しくは、公式サイト https://www.xserver.ne.jp/ でチェック!

ドメインプレゼントでお得!

エックスサーバードメイン0円キャンペーン

期間中に新規契約をすると、無料でドメインをもらえるキャンペーンです。

ドメイン0円キャンペーンのポイント!

  • 「.com」「.net」など人気ドメインから選択できる
  • ドメインの新規取得(登録)料金が無料!
  • 新規取得の代わりに他社サービスからの移管も無料!
  • エックスサーバーを利用している限り、更新費もずっと無料!

 

実際ドメインの費用っていくら?

系列会社のエックスドメイン で取得する場合の費用(価格は税別、2020年11月10日現在)

  • .com
    新規取得:年額260円 更新/移管:1,180円
  • .net
    新規取得:年額160円 更新/移管:1,380円

キャンペーン中に申し込みをすれば、エックスサーバーを利用している限り、これらの維持費がずっと無料!

 

申し込み期限があるので注意!

待っているだけでは、ドメインはもらえません。

本契約後、特典の申し込みが必要です。

さらに、ドメインプレゼントの申し込みには期限がありますので忘れないでくださいね。

2021年1月7日(木)~2021年1月21日(木)で実施しているキャンペーンのドメイン申込期限は

 2021年2月28日(日)まで

 

 
コハル
年末の慌ただしさで、申請期限をすっかり忘れ、ドメインをもらえず・・・。
失敗続きでございます。

 

私がエックスサーバーを選んだ理由

WordPressを始めようと思っていた初心者の私にとって、サーバー選びはチンプンカンプン。

「じゃぁ、どうやって選ぼうか?」ってなったとき、WordPressでブログを運営している人たちの口コミを読み漁りました。

その中で「サーバーの引越作業は面倒で大変」という話が出てきたので、

  • 多くの人が使っていて信頼性がある
  • サーバーが安定して動いている
  • サイト表示が重くない
  • サポート体制が整っている

結果、長く使えるというところにポイントを置き、選んだのがエックスサーバーでした。「高品質でコストパフォーマンスがいい」という口コミも多かったです。

維持費用も月々1,000円ぐらいなら、おしゃれなカフェランチを1回我慢すれば払えるしね(吉野家の牛丼なら3杯か)。

あと、初心者にとって簡単で使いやすいかどうか?

  • しっかりとしたマニュアルがあるか?
  • 操作パネルが見やすいか?
  • 直感的に操作できるか?
  • WordPressのインストールは簡単か?

などをお試し期間中にチェックしました。それ以外の良し悪しのチェックなんて初心者の私には無理でした。

 

通信速度は重要

頻繁にトラブルが起こったり、通信速度が遅いと、作ったブログやサイトを見てもらうことができません。

ある調査では、ページの読み込みに 3 秒以上かかると、40% のユーザーがそれ以上の閲覧をやめてしまうことがわかっています。これは、コンテンツ提供者にとっては、広告や定期購読による収益化の機会を失うことも意味します。

Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

私自身も、検索してクリックしたページが3秒待って表示されなければ

このページ、きっといつまで経っても表示されへんわ。時間の無駄やから違うページ見よう・・・

ってなります。

探している情報を早く知って解決したいので、速度は重要です。

レンタルサーバーの費用(維持費)

レンタルサーバーの維持費。継続すればするほどコストがかかります。あたりまえですが。

自分で維持していける費用でないと、後々しんどくなります。

価格を取るか、安定性を求めるか・・・難しいところですが。

 

サーバーの引越はデータの移行作業が発生するので、手間がかかり面倒くさい。だからできる限り避けたい。

そのためにも、最初から高品質でコストパフォーマンスの良いサーバー会社を選んだほうが、リスクや不安を軽減することができると私は思います。

ずっと今もエックスサーバーを使っていますが、トラブルもなくサクサク動いているし、サービスもパワーアップし続けています。

まとめ

エックスサーバーをお得に申し込む方法

  1. 月初めに申し込みをする
  2. キャンペーン期間中に申し込みをする

 

実施中のキャンペーン
エックスサーバー最大3万円キャッシュバックキャンペーン2021年1月7(木)18:00~2021年1月21日(木)18:00まで

ドメイン永久無料&最大3万円キャッシュバック!」キャンペーンを行っています。

期間中に新規申し込み&12か月以上の契約をされた方が対象。

詳しくは、公式サイト https://www.xserver.ne.jp/ でチェック!

エックスサーバー の申し込みを迷っている方は、まずは無料お試しを利用してみましょう。

なるべく月初に無料お試し(10日間)を申し込もう!

その期間中に本契約しようという気持ちになれば、当月は無料になり、課金は翌月からになります。

キャンペーンを利用+月初でさらにお得!になります。

 

レンタルサーバーの契約を考えておられる方、迷われている方、私のような失敗をせず、お得な方法で申し込みをしてくださいね。

 エックスサーバー【公式サイト】はこちら

 

 国内最安値!? エックスドメインはこちら

スポンサーリンク